製品情報

パン屑ナビゲーション

ユーザー事例

印刷ユーティリティ

Windows Vistaを安全かつ効率的に導入しよう!

第3章:Windows Vistaを使いたいけど、Windows XP環境も生かしたい ・・・
XPとVistaのマルチブートに挑戦! 中級

今回は、「PowerX Partition Manager 8 Pro(以下Partition Manager)」を使って既存のパーティションサイズを変更し、空き容量を作り出してパーティションを作成し、そのパーティションにVistaをクリーンインストールしてみます。

これにより既存のOS(ここではWindows XP)とWindows Vistaのマルチブート環境を構築し、必要に応じて使い分けることができます。

以下の手順で説明します。

■ハードディスクのバックアップ

まずは、現在、使っているハードディスクをバックアップしましょう。 大容量ハードディスクにコピーしてオリジナルのハードディスクをバックアップとして保存しておくことで、バックアップの作成と、大容量ドライブへの交換が同時にできます。ディスクのコピーについては以下をご覧ください。

ヒント! PowerX Partition Manager 8 Proでディスクコピーするには?

パーティション容量変更と新パーティション作成

次はマルチブート環境を作るためにパーティションを編集し、Vistaをインストールするための15GB以上のサイズのパーティションを作成します。 Windowsの標準機能では、空き容量がある末尾にしかパーティションを作成できませんが、Partition Managerを使えば、既存のパーティションサイズを変更したり、パーティションとパーティションの間に新パーティションを作ることができます。 ここでは既存のパーティションのサイズを小さくし、2つのパーティションの間に新パーティションを作ってみます。

ページtopへ


▼既存のパーティションのサイズを小さくし、2つのパーティションの間に新パーティションを作成するには?


  1. ツールボタンの「作成」をクリックします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  2. ウィザードが起動するので、「詳細モード」にチェックを入れて 「次へ」をクリックします。

     

     

     

     

     

     

     

     

  3. 次はパーティションの作成位置を指定します。茶色っぽい色で色がグラデーションで変化しているのが位置指定ポインタなので、これを左右矢印でパーティションを作成したい位置まで移動します。

     

     

     

     

     

     

  4. ページtopへ

  5. 作成したい位置にポインタを移動したら、「次へ」で先に進みます。

     

     

     

     

     

     

     

     

  6. 次に自分の作成したいパーティションサイズを指定します。パーティションサイズはハンドルの左右ドラッグで変更できます。指定後、「次へ」で先に進みます。

     

     

     

     

     

     

     

  7. プルダウンメニューでファイルにNTFSを選択します。

     

     

     

     

     

     

     

     

  8. ページtopへ

  9. 必要があれば「ボリュームラベル」を入力し、ドライブ文字の割り当てで指定したいドライブ名を選択します。

     

     

     

     

     

     

     

     

  10. ウィザードでの設定が終了するので、「完了」をクリックします。

     

     

     

     

     

     

     

     

  11. 処理がタスクリストに保存されたので、ツールバーの「適用」をクリックして実行します。

     

     

     

     

     

     

     

     

  12. 確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

     

     

     

     

  13. ページtopへ

  14. 処理が実行され、経過が表示されます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  15. すべての処理が終了したというメッセージが表示されたら、「閉じる」でダイアログを閉じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

  16. これでパーティションが作成されました。

     

     

     

     

     

     

     


 
          [1] [2] [3] 次へ 次へ

Contents

[第1章]
はじめに(2007.03.09) [1] [2] [3]
[第2章]
大容量HDDへの換装とWindows Vistaへのアップグレードインストール(2007.03.23)
[1] [2] [3]
[第3章]
Windows Vistaを使いたいけど、Windows XP環境も生かしたい ・・・
XPとVistaのマルチブートに挑戦!(2007.04.13) [1] [2] [3]