製品情報

パン屑ナビゲーション

ユーザー事例

印刷ユーティリティ

PowerX Boot Managerを使って
Windows VistaとWindows XPをマルチブートしよう!

後編:第1パーティションにWindows Vistaをインストールしてマルチブートする 中級

2007年1月30日にWindows Vistaが発売されましたが、「使っているソフトウェアや周辺機器が対応していない」などの理由で「Windows Vistaとは別にWindows XP環境も使いたい」といった方もいるのではないでしょうか?

そこで、パーティション管理ツールPowerX Hard Disk Manager 8(もしくはPowerX Partition Manager 8 Pro)とPowerX Boot Managerを使ってWindows XPがインストールされている環境にWindows Vistaをインストールしてマルチブートする手法について解説してみたいと思います。

前編ではWindows XPがインストールされているパーティションを第1パーティションとして第2パーティションにWindows Vistaをインストールしてマルチブートする方法を、後編では元々第1パーティションにインストールされていたWindows XPを第2パーティションに移動。第1パーティションにWindows Vistaをインストールし、マルチブートする方法をご紹介いたします。

※PowerX Hard Disk Manager 7.0、PowerX Partition Manager 8 Proをお持ちの方には、PowerX Boot Managerを無償にて提供しておりますので、是非ご活用ください。
※解説の内容は基本的にパッケージ版のWindows XPおよびWindows Vistaを基準に記載されていますので注意してください。

■Windows XPパーティションを第2パーティションに移動してWindows Vistaを第1パーティションにインストールする

前回の手順に引き続き、今回は少々特殊な例として、下図のような構成でインストールされている既存のWindows XPを
第2パーティションに移動して、Windows Vistaを第1パーティションにインストールする方法について解説します。

「使用するソフトウェアや周辺機器などがWindows Vistaに対応したらWindows XPの環境(パーティション)は消去したい」といった場合にはこちらの方法がいいかもしれません。

※操作手順を誤ると既存のOSが起動できなくなる可能性があります。念のためバックアップを行ってから作業をする事をおすすめします。

ページtopへ

 

   
■Windows Vistaをインストールするための領域を準備する

まず、PowerX Hard Disk Manager 7やPowerX Partition Manager 8 Proといったパーティション管理ツールを使用して、Windows Vistaをインストールするための領域を準備します。

※Windows Vistaのインストールには最低15GB以上の空き領域が必要となります。

  • 第1パーティション(基本パーティション)
    未割り当て

  • 第2パーティション(基本パーティション)
    既存のWindows XP 約20GB

  • 第3パーティション(論理パーティション)
    データ用 約30GB

 

ここで注意しなければならないのは、PowerX Partition Manager 8 ProおよびPowerX Hard Disk Manager 7.0は Windows Vistaがインストールされたパーティションサイズの変更に対応していません(2007年3月9日現在) 。

そのため、Windows Vistaインストール後にはパーティションサイズを変更することができませんので、各パーティションの容量決定は慎重に行ってください。

PowerX シリーズ Windows Vista 対応につきましては、こちらをご覧ください。
PowerX Hard Disk Manager 7.0、PowerX Partition Manager 8 ProのWindows Vista対応につきましては 今しばらくお待ちください。

次に、Windows Vistaをインストールするための領域の準備と、現在Windows XPがインストールされている領域を非アクティブにする必要があります。

Windows XPがインストールされているパーティションを非アクティブに設定します。

これは、Windows Vistaのインストーラが現在のアクティブパーティションにブートカタログを書き込んでしまうことを防ぐためです。

 

 

これでパーティション操作が終わりです。
次ページでは、Windows Vistaの未割り当て領域へのインストール手順をご説明します。

          [1] [2] 次へ 次へ

Contents

[前編]
第2パーティションにWindows Vistaをインストールしてマルチブートする(2007.03.09) [1] [2]
[後編]
第1パーティションにWindows Vistaをインストールしてマルチブートする(2007.03.23)
[1] [2]