製品情報

パン屑ナビゲーション

ユーザー事例

印刷ユーティリティ

とことん使い倒せる、最強のファイルバックアップソフト
PowerX Backup Platinum 3 フル活用法 初級

第1章:バックアップの確実性を高めるには?データの二重化とセキュリティ

ビジネス利用のPCはもちろん、個人利用のPCであっても、今時はデータファイルのバックアップが欠かせません。文章や表計算データなどはもちろんですが、メールは重要な連絡手段であると同時に重要な備忘録であり、ブラウザのブックマークは個人の重要なデータベースとも言えます。ある日突然HDDが故障して、愕然とした人も少なくないのではないでしょうか。

PowerX Backup Platinum 3は、これら重要なデータファイルのバックアップを効率よく行うことができる数多くの機能を備えており、日々のバックアップの自動化を可能にします。
カタログの機能一覧だけでは思いつかないような便利な使い方もできますので、ご紹介します。

■代替バックアップ機能を活用して2重バックアップもスマートに

PowerX Backup Platinum 3」には、ノートPCを外出先などで利用する場合を考慮し、バックアップ保存先として「代替保存先」を設定する事ができます。例えばノートPCを使っていて、自宅やオフィスでのバックアップ保存先にサーバーなどLAN上の他のPCやNASなどを利用している場合、外出先では保存先にアクセスできないためバックアップを行う事ができません。そこで「代替保存先」にノートPCの内蔵HDDやポータブルHDDなどを設定しておけば、本来のバックアップ保存先にアクセスできなくてもバックアップが行えます。言わば「臨時代行バックアップ」の様な、バックアップを確実に行うためには重要な機能です。もちろん普段のバックアップ先には外付けHDDなどを指定し、そこにアクセスできない場合にはネットワークドライブにバックアップという使い方もできます。


このようにバックアップ先の設定ウインドウの下部には「代替保存先」のボタンが準備されている。本来はモバイルで利用するノートPCなどでの利用を想定した機能だ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


転送設定には、バックアップ先としてネットワークドライブが利用できるか判断するための待ち時間の設定も準備されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページtopへ

 

この「代替保存先」は、名称からも判るとおり本来は「バックアップ保存先」が利用できない場合に代替バックアップを実行するための機能です。もちろん設定で「代替保存先」を利用しないようにもできる他、実は「バックアップ保存先」へのバックアップと同時に、常時「代替保存先」にもバックアップを行う事が可能です。つまり2つの保存先への2重のバックアップを1つの設定、1回の操作で行う事ができるのです。バックアップはこまめに行う事が重要ですから、2重のバックアップをシンプルに行える事はかなり便利です。


このように「代替保存先」の設定ウインドウでは、どの場合に代替保存先にもバックアップを行うかの指定ができる。「両方の保存先にバックアップします。」を選択しておくと、「バックアップ保存先」へのバックアップ可否に関わらず「代替保存先」にもバックアップを行ってくれるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




「代替保存先」の機能を使わなくても複数のアイテム(バックアップの定義)を作成してそれぞれを実行すれば、確かに2重のバックアップは可能です。スケジューリングで実行すれば片方のバックアップを忘れるという事もないでしょう。しかし新たにバックアップ対象を増やす場合など、片方のアイテムを更新し忘れる可能性もありますから、やはり1つのアイテムで2重にバックアップを行える意味は大きいのです。

また第1のバックアップ先である「バックアップ保存先」と第2のバックアップ先である「代替保存先」で、保存先の制限を受けない点も重要です。PowerX Backup Platinum 3では保存先を「ローカル/LAN」(内蔵・外付けHDD/ネットワークドライブ)、「FTP」、「CD/DVD」の3つに大分類していますが、異なる組み合せはもちろん同じ組み合せでも指定することができます。つまり2つの保存先の組み合せには制限が無いのです。

解りやすい使い方としては、内蔵の1台目のHDDから内蔵の2台目や外付けHDDにバックアップを行い、さらにネットワークドライブにも常時2重にバックアップという使い方が挙げられます。これによりバックアップ先のどちらかのドライブにアクセスできない場合でも、もう片方へのバックアップがしっかりと行われます。2重バックアップだからといって、バックアップ時に必ず2つのバックアップ先をアクセス可能にしておく必要が無いのです。

また、CDメディアや手軽になったDVDメディアに加え、Blue-rayディスクもサポートしています。1層メディアで25GB、2層メディアで50GBの大容量を誇るBlue-rayディスクを使えば、DVDでは1枚に収まりきらず複数枚にまたがってしまう場合でも、メディア交換の手間無しで行う事が可能なのです。

ページtopへ

 


これはバックアップ先に内蔵の2台目のHDD、代替保存先にネットワークドライブを設定した所。

どちらも保存先の大分類としては同じ「ローカル/LAN」だが、制限無く設定できる。またバックアップ先にアクセスできない場合に代替保存先にバックアップが行われる事はもちろん、逆の場合でもバックアップ先には問題なくバックアップが実行される。

 

 

 

 

 

 

リライタブルメディアへのバックアップでは、バックアップ開始寸前にメディアの消去も行う事が可能。事前にライティングソフトで消去といった手間も必要ないのだ。↓

          [1] [2] 次へ 次へ

Contents

[第1章]
バックアップの確実性を高めるには?データの二重化とセキュリティ
(2007.07.20掲載) [1] [2]
[第2章]
ネットワークとの親和性を極める!ファイル同期からFTPへのバックアップまで
(2007.10.26掲載) [1] [2] [3]