製品情報

パン屑ナビゲーション

特集

印刷ユーティリティ

PCカンタンお手入れ術

第3章:散らかった部屋を整理しよう
<2> ハードディスクダイエット後のお手入れ 初級

前回は、パソコン内のおまけプログラムやいろいろなサンプル、使い切れないフォントなど、不要なデータを削除して、ハードディスクの空き領域を確保するお掃除方法をご紹介しましたが、今回はハードディスク内のデータを整理整頓する方法をお話しします。

■ハードディスクの中はバラバラ?

第2章でご説明した通り、メモ帳(メモリ)の手助けをしてくれる手帳(ハードディスク)は重くて大きいため、たくさんの情報が書き込めますが、特定のデータを探し出すのも一苦労です。その上、手帳(ハードディスク)に書き込まれている情報だって、必ずしもきれいに整列されているわけじゃありません。

例えば、1巻から10巻までの本があったとします。1→2→3→あれ?4巻はどこにいった?あ、10巻の隣にあった!じゃあ5巻は?1巻の前にあった!こんな風に、データは必ずしも連続して保存されているわけではないのです。

10個のマス目に、1つのデータが保存されていたとします。

これを編集して、一部データを削ったとします。(削除するデータは必ずしもデータの先頭、もしくは後方であるとは限りません。)

次に4コマ分のサイズのデータを書き込むと、下記の図のようにデータが不連続の状態で書き込まれます。

この状態を“断片化”といいます。 データの断片化(フラグメンテーション)は、データの書き込みや削除を繰り返す上で必然的なものであり、通常のデータ書き込みの領域はもちろん、仮想メモリ(※1)の領域やアプリケーション、OSの部分にまで起こります。 データの断片化された領域が多くなると、ファイルをダブルクリックしてから開くまでに時間がかかったり、果てはアプリケーションやパソコンの起動までも遅くなってしまうという事態が起こるのです。

※1 仮想メモリ 仮想メモリとは、メモリだけでは対処しきれないときに使われるハードディスクの領域のことですが、すべてのスペースをメモリの手助けに使えるようにすると、通常のデータの書き込みに支障がでるため「ここまで!」という領域が決められています。

ページtopへ

デフラグで整理整頓

この断片化を解消するには、“デフラグ”を行う必要があります。散らばったデータをきれいに整理して並べ替えてくれるのです。デフラグはWindowsの標準ツールとして存在していることを見ても、データの断片化がパソコンのパフォーマンスを低下させる原因のひとつで、普段から定期的にデフラグを行う必要があることがわかります。

デフラグを実行すると、以下のようにデータが連続した状態に整理されます。

標準ツールでのデフラグ手順
 
 → エクスプローラでマイ コンピュータを右クリック → 管理 → 記憶域 → ディスク デフラグ ツール
 
  
 

注:Windowsの標準ツールのデフラグでは、デフラグできるデータの種類が限定されています。(オフラインでのデフラグができませんので、システムに関わるファイルの断片化は解消できません。)また、断片化がすべて解消されるわけではありませんので、精度の高いデフラグを希望する場合は、デフラグ専門ソフトのご使用をお勧めします。

【デフラグ精度の違い】 ※いずれもWindows標準のデフラグツールにて分析表示
 
 ▼デフラグ前の状態
 
  
 
 ▼Windows標準のデフラグツールでデフラグした結果
 
  
 
 ▼専門ソフトでデフラグした結果 ※PerfectDiskを使用
 
  
 

ページtopへ

定期的なデフラグがあなたを救う

また、データの断片化を解消するメリットは、データアクセスのスピードアップだけではありません。データを保持したままのパーティション操作や、アンチウイルス・スパイウェアソフトのスキャンもスピードがアップしますし、失ったデータを復旧する場合も、日ごろからデフラグを行いデータの断片化を少なくしておくと、救済の可能性は高まります。

注:データの削除後にデフラグを行うと、復旧できなくなる恐れがありますのでご注意ください。
日ごろのお手入れとしてデフラグを行うことをお勧めします。

詳細はデータの復元とフラグメンテーションの関係をご覧ください。

パフォーマンス対策に限ったことではなく、セキュリティー対策から見ても重要といえるデフラグ。作業も簡単ですので、ぜひとも日常のお手入れとして取り入れていただきたいと思います。

Contents

[第1章]
意外と見落としがちなケア パソコンのお手入れしてますか?(2006.07.21)
[第2章]
パソコンってどんなもので構成されているの?早覚えの達人、メモリの役割
(2006.08.04) [1] [2]
[第3章]
散らかった部屋を整理しよう
<1>いつの間にか溜まっているゴミを捨てる(2006.08.18) [1] [2]      
<2>ハードディスクダイエット後のお手入れ(2006.09.01)
<3>プラスαのお手入れ(2006.09.15) [1] [2]
[第4章]
広ーい部屋こそ効率よく使いたい−メンテナンスとしてのパーティション操作−
(2006.11.10)  [1] [2] [3]
[第5章]
転ばぬ先の杖−バックアップを取ろう−(2006.11.22)  [1] [2]
[番外編]
もしもバックアップを忘れたら?失ったデータを復活させる!(2007.02.09)  [1] [2]

Contents END