実験室 X

パン屑ナビゲーション

特集

印刷ユーティリティ

実験室X
プロセッサーの性能を引き出してWindows Vistaを快適に利用する方法 - PowerX Vista Optimizer 2008 - 中級

PowerX Vista Optimizer 2008は販売を終了しました。

 

1.はじめに

パソコンシステムに搭載されたプロセッサー(CPU)にはキャッシュと呼ばれる高速のメモリーが搭載されています。

この高速のメモリーとは、プロセッサーと比較してスピードが遅いメインメモリーの処理速度を補うために、 プロセッサー内部、または外部など、プロセッサーとメインメモリーの間に取り付けられたものです。

4MBや12MBの二次キャッシュ(CPUレベル2キャッシュ)を搭載したプロセッサーも登場しています。

しかしながらWindows XP / Vistaの標準値では、256KBしか認識していません。

これでは256KB以上の二次キャッシュを搭載していてもプロセッサー性能が引き出されていないことになります。

そこで PowerX Vista Optimizer 2008の一機能「CPUレベル2のキャッシュ設定」を行い、プロセッサー性能を引き出した結果、ベンチマーク上の数値に変化があるものか実験を行ってみました。

ページtopへ

 

2.PowerX Vista Optimizer 2008 のインストール

インストール直後は体験版として認識されているため、シリアル番号を入力しアクティベートする必要があります。

 

ページtopへ

 

3.CPUレベル2のキャッシュ設定前の数値

ベンチマークソフト(CrystalMark 2004R3)を用いたシステム性能数値です。

レジストリの値は初期値のままの状態です。

 

ページtopへ

 

4.CPUレベル2のキャッシュ設定

Intel(R) Pentium(R) D 930(二次キャッシュ 2MB)を搭載したシステム上にてテストを行います。

PowerX Vista Optimizer 2008「パフォーマンスの最適化」画面の中にある「CPUレベル2のキャッシュ設定」を2MBに設定します。

適用後、Windowsに反映するためにログオフ操作を行う必要があります。

ログオフ操作後、レジストリの値は2MB(2048)として認識されました。

 

ページtopへ

 

5.CPUレベル2のキャッシュ設定後の数値

ベンチマークソフト(CrystalMark 2004R3)を用いたシステム性能数値です。

変更後にベンチマークを行った結果、下表のように数値が変化したことがわかります。

  設定前 設定後 変化値
Mark 56,644 57,369 +725
ALU 13,237 13,290 +53
FPU 13,054 13,784 +730
MEM 9,480 9,320 -160
HDD 7,042 7,061 +19
GDI 4,917 4,991 +74
D2D 1,729 1,698 -31
OGL 7,185 7,225 +40

この内容から処理の一部が二次キャッシュ内で行われ、物理メモリーへのアクセスが減少したことでシステム性能が向上したことが分かります。

 

ページtopへ

 

6.4MB以上の二次キャッシュを搭載したプロセッサーの場合

PowerX Vista Optimizer 2008 は256KB から 4MBまでの「CPUレベル2のキャッシュ設定」を行うことができますが、 4MB以上の二次キャッシュを搭載したプロセッサーの場合には、レジストリの修正が必要です。

レジストリ内の[SecondLevelDataCache]の値を変更する必要があります。

 HKEY_LOCAL_MACHINE - SYSTEM - CurrentControlSet - Control - Session Manager - Memory Management

※ レジストリ操作方法、不具合などについてネットジャパンでは一切のサポートを行っておりません。
また、Windowsが正常動作しなくなった場合などにつきましても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

8MBや12MBなどの二次キャッシュを搭載したプロセッサーの場合、10進数で以下の数値を設定します。

  • 8MBの場合
  • 12MBの場合

※設定値としてCPUに搭載されている2次キャッシュ値 × 1024 を指定してください。

 

ページtopへ

 

7.最後に

PowerX Vista Optimizer 2008 は他にも多彩な機能を搭載した Windows Vistaに特化した製品です。

Windows 7の登場は魅力的ですが、資源の有効活用としてWindows Vistaを快適に利用されてはいかがでしょうか。