製品情報

パン屑ナビゲーション

特集

印刷ユーティリティ

実験室X
PowerX Boot Manager 活用法 〜Windows 7 と Windows XP をマルチブートする〜 中級

 

1.はじめに

Windows の新バージョンである 7 の発売が目前に迫り、プリインストールされたコンピュータの購入や現在の環境のアップグレードを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながらWindows Vista 発売当初も同様でしたが最初からすべてのデバイス・アプリケーションが使用可能とは限りません。

Windows 7 では、一部のエディションでXPモードと呼ばれる仮想環境を使用することが可能ですが、仮想環境ゆえに全てのデバイスや機能が使えるわけではありません。

そこで今回はWindows 7 が新規インストールされた環境にWindows XP を導入し、PowerX Boot Manager を使ってマルチブート環境を構築する方法について解説します。

* ICH10以降のチップセット搭載PCの場合、OS切り替えが行えない場合があります。

<用意した環境>

今回使用したのは次のような環境です。

Windows 7 では、インストーラを使用してハードディスク上にインストール先パーティションを作成すると先頭に100MBの管理領域を作る仕様となっているようです。

では、この環境にWindows XP を導入してみたいと思います。

 

ページtopへ

 

2.パーティションの状態を確認する

PowerX Hard Disk Manager 8 を使用してパーティション情報を確認してみましょう。

先頭に作成された100MBの領域がアクティブパーティションとなっていますので、Windows 7 のブートローダー(ブートカタログ)はこのパーティションにインストールされているようです。

 

ページtopへ

 

3.Windows XP をインストールするパーティションを準備する

PowerX Hard Disk Manager 8 で Windows 7 がインストールされたパーティションの後ろにWindows XPをインストールするためのパーティションを作成します。

ここではWindows 7 がインストールされているパーティションを50GBに縮小し、新たにWindows XPをインストールするためのパーティションを作成、残りの未割り当て領域をデータ領域として割り当てています。

 

ページtopへ

 

4.パーティション設定を変更する

Windows XP の起動パーティションを「Cドライブ」としてインストールするために既存のパーティション設定を変更します。

また、あわせてWindows XP のブートローダーが先頭の100MB領域に書き込まれないよう設定も行います。

PowerX HardDisk Manager 8 を使用して、第1パーティションを「非アクティブ/非表示」に、第2パーティションを「非表示」に設定してください。

 

ページtopへ

 

5.Windows XP をインストールする

パーティションの設定が完了したら、Windows XP をインストールします。

今回のインストールパーティションは「Cドライブ」として割り当てられている3つ目のパーティションを指定します。

非アクティブおよび非表示に設定したドライブにもドライブレターが割り当てられていますが、気にせずに「C:」にインストールしてください。

          [1] [2] 次へ 次へ