製品情報

パン屑ナビゲーション

特集

印刷ユーティリティ

実験室X
PowerX Hard Disk Manager 8 /バックアップと復元 中級

Linuxシステムのバックアップと復元のコツ:その1

PowerX Hard Disk Manager 8 では、Linux Ext2、Ext3などのファイルシステムでフォーマットされたLinuxのシステム・データパーティションのバックアップ・復元をサポートしています。

今回は、Windows Vista Ultimate 32ビット版と、LinuxディストリビューションのひとつであるCentOS(The Community ENTerprise Operating System)バージョン5.1 のデュアルブート環境を使用して、Linuxシステムのバックアップと復元のコツについてご説明したいと思います。

 

1.今回使用する環境のシステム概要

パーティションは以下のように構成しました。

Buffalo IFC-ATS2P2

Windows Vista Ultimate 32bit版のシステムパーティションをハードディスクの先頭から20GB、続けてCentOSのシステム(マウントポイント"/"、ファイルシステムはExt3でフォーマット)パーティションを40GB、その後ろにCentOS用のSwapパーティションを作成しました。また、CentOS5.1は以下のオプションでインストールを完了しています。

セットアップ時に"Desktop - Gnome"のパッケージセットを使用してセットアップを完了
SELinuxの設定を有効化(Enforcingモード)
GRUB(ブートローダ)はMBR(/dev/sda)にインストール
CentOS自身はシステムパーティションが存在するディスクを"/dev/sda"として認識

ページtopへ

 

2.PowerX Hard Disk Manager 8 を使用してのバックアップ

今回はMBRにインストールされている"GRUB(ブートローダ)"、Windows Vistaのシステムパーティション、CentOSのシステムパーティション、CentOS用のSwapパーティションすべてを一括してバックアップします。バックアップには、Windows Vistaにセットアップされた、PowerX Hard Disk Manager 8 を使用します。
具体的な手順を簡単にご説明します。

  1. PowerX Hard Disk Manager 8 を起動して、バックアップウィザードを開始します。
  2. 現在コンピュータに接続されているハードディスク上のパーティションの一覧が表示されます。今回は、Windows+Linuxのシステムが存在するハードディスク1台のみが接続されていますので、ベーシックディスク0としてハードディスクが1台リストアップされます。

    今回は、マスターブートレコードにインストールされたGRUBとすべてのパーティションのバックアップを一括しておこなうため、ベーシックディスク0のチェックボックスにチェックを入れ、MBRを含むすべてのパーティションのチェックを有効にします。操作が終わったら[次へ]をクリックします。
  3. "アーカイブの保存先"ウィンドウが表示されます。今回はネットワーク上のファイルサーバーにアーカイブを保存したいと思いますので、"ローカル/ネットワーク ドライブにアーカイブを保存"を選択します。操作が終わったら[次へ]をクリックします。
  4. つづけて表示される"アーカイブの保存先 -パーティションの選択"ウィンドウで、[ネットワークドライブの割り当て]を実行します。
  5. ネットワークドライブの割り当てをおこないます。今回は共有フォルダをドライブ文字Z:\に割り当てました。
  6. つづけて下記の内容でアーカイブの保存先と保存を完了しました。

ページtopへ

 

3.製品CDを使用したハードディスク全体の復元

上記で作成されたアーカイブを製品CDから起動したWindowsPE2.0環境を使用して復元してみたいと思います。先ほどバックアップに使用したハードディスクを取り外し、全領域未割り当てのハードディスクを代替として接続しました。このハードディスクに、MBRにインストールされている"GRUB"、Windows Vistaのシステムパーティション、CentOSのシステムパーティション、CentOS用のSwapパーティションすべてを一括して復元します。

  1. 製品CDからシステムを起動すると、以下のメインメニューが表示されます。アーカイブの復元は、このメニューから起動可能なPowerX Hatd Disk Managerを使用しておこないますが、今回はアーカイブをネットワーク上のファイルサーバーに保存しているため、事前にネットワークドライブの割り当てをおこないます。このメニューの中から、"ネットワークの構成"を選択・実行します。
  2. "ネットワークの構成"ウィンドウが表示された後に、[ネットワークドライブの割り当て]を実行します。
    アーカイブが保存されている共有フォルダをZ:\として割り当てました。
  3. "ネットワークの構成"ウィンドウを終了し、メインメニューからHard Disk Managerを起動します。
  4. [ウィザード]メニューから、[ディスクまたはパーティションの復元]を実行します。
  5. 起動した復元ウィザード上で、保存されているアーカイブファイル(*.PBF)を選択し、[次へ]をクリックします。
  6. つづけて表示される、"復元対象"ビューでは、アーカイブに含まれるパーティションの一覧が表示されます。バックアップされた(GRUBがインストールされた)MBRは、ディスク全体の復元が実行された場合にのみ復元されるため、ここでは"ベーシックディスク 0"を選択し、ハードディスク全体のアーカイブを、現在接続されているハードディスク上に復元します。
  7. ハードディスクでの復元オプションはデフォルト(すべてのチェックボックスをOFF)を選択し、復元を実行します(PowerX Hard Disk Manager は、Linuxパーティションの拡大・縮小処理をサポートしません)

    復元の処理完了後に、製品CDの起動環境を終了し、ハードディスクからの起動を実行すると、GRUBのスプラッシュスクリーンが表示され、Windows VistaとCentOS双方が正常に起動可能な状態に復元されます。

次回は、Linuxのシステムパーティション単体の復元を実行する方法についてご説明する予定です。

Contents

[第1回]
Linuxシステムのバックアップと復元のコツ/その1 (2008.02.14)
[第2回]
Linuxシステムのバックアップと復元のコツ/その2 (2008.02.29)
[第3回]
Linuxシステムのバックアップと復元のコツ/最終回 (2008.03.14)

Contents END