製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX CaptureWizPro 5


 
便利な機能
 

■メインウィンドウでの表示

CaptureWizProはキャプチャしたイメージを一時フォルダに保存し、メインウィンドウからいつでも閲覧することができます。
メインウィンドウでは、過去のキャプチャ画像の一覧表示や、保存、印刷をおこなったり、イメージエディタで開いて編集をおこなうことができます。

 
 

 
 
 

ページtopへ

■カスタマイズ可能なマクロ機能

必要な操作を的確に実行できるように、キャプチャバーボタンとホットキー動作の設定を変更することが可能です。キャプチャバーに表示できるボタンは、最大7つまでです。ボタンの順番、表示させるツール、出力方法などを自由にカスタマイズできます。

 

■キャプチャ時間の調整

他のプログラムでの描画が終わる前にキャプチャ処理が実行されてしまうことで、キャプチャ画像に白い点が入ったり欠落が生じてしまう場合があります。この様な場合、CaptureWizProではキャプチャ開始までの待機時間を設定し直すことで調整し、対処できます。

ページtopへ

■簡単に使用できるタスクトレイアイコン

ほとんどの機能は、タスクトレイアイコンから簡単に使用することができます。また、ダブルクリック時の動作はカスタマイズが可能ですので、頻繁におこなうキャプチャ手順を割り当てておくと便利です。

  • ワンクリック
    キャプチャバーを開く(キャプチャバーがすでに開いている場合はメインウィンドウが開きます)
  • ダブルクリック
    キャプチャを開始
  • 右クリック
    メニューを表示

ほとんどの機能をタスクトレイ    
アイコンから実行できます。