製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX PD Particles
 
 
パーティクルブラシを使った簡単な描画例
 
  1. PD Particlesを起動するとデスクトップ全画面に表示されます。
    白いイメージ(何も書かれていない状態)で開くか、ファイルやクリップボードから既存の画像を使用するかを選びます。
    今回は[ファイルを開く]を選択し、デジカメで撮影した空の写真を下地に用いてみます。
     
  2. 描画領域に空の画像が表示されました。
     

ページtopへ

  1. [プリセット]ボタンをクリックして、[パーティクルス]のプリセットリストから[草]を選択します。
     
  2. パーティクルの描画スタイルには、ライン/ライン+アルファ/ブラシ/先細ラインなどが用意されており、今回使用する[草]の初期設定では「先細ライン」が選択されています。「先細ライン」は、広い幅から徐々に先が細くなっていくラインで、[サイズ]スライダーを動かすことで開始幅を調整できます。ここでは、サイズ値を最小まで下げてから描画を開始してみます。
     

     
     
     
     
  3. マウスボタンを押したまま右から左へポインタを移動してみます。
     
    密生した草のようなパーティクルが描画されます。  
    多少左右に揺らすようにして移動すると、変化をつけることができます。
     
  4. 更に、最初の草の描画にかぶせる形で、もっと低い位置で何度か重ね描いてみます。
     

ページtopへ

  1. 草をより近くに見せて遠近感を出すため、徐々に[サイズ]の値を上げながらこの作業を繰り返します。
    また、マウスをぐいっと縦に素早く引く動作によって、高く伸びた大きな草むらを描くことができます。
     

    (1) 
     

    (3) 
     

    (2) 
     

    (4) 
     
  2. 最後に、この草むらに花を散らしてみます。
    [プリセット]ボタンをクリックして、[自然効果]のプリセットリストから[花]を選択します。  
     
    [ツール]パネルから色を選択後、マウスボタンを押したままポインタをゆっくり動かすと小さい花が描画されます。