製品情報

パン屑ナビゲーション

製品情報

印刷ユーティリティ

PowerX Backup Platinum 3


 
柔軟性に富んだファイルバックアップ
 

■バックアップ対象を簡単に選択

アイテム毎にバックアップ対象のフォルダー/ファイルを簡単に選択することができます。選択後にチェックマークを外すことで、特定のサブフォルダーまたはファイルを除外することもできます。フィルター設定(含めるまたは除外するマスク)も可能です。

  • フォルダー
    バックアップ対象をドライブ/フォルダー単位で選択できます。
  • ファイル
    バックアップ対象をファイル単位で選択できます。
  • レジストリ キー
    指定したレジストリキーをバックアップ対象に選択できます。
  • 特殊なデータタイプ
    マイドキュメントやMS Outlookファイルをバックアップ対象に指定できます。

ページtopへ

■NTFSのアクセス権設定や代替ストリームに対応
 

■ネットワークストレージもバックアップ

内蔵ハードディスク、外付けハードディスクの他、ネットワーク共有フォルダーのバックアップも可能です。

■バックアップ先は自由自在
   (LAN、FTP、 Amazon S3、 CD/DVD、Blu-rayディスク対応)

バックアップの保存先は、ローカルドライブ、 USB外部ドライブ、ネットワーク共有フォルダー、FTP、Amazon S3、CD-R/RW、DVD±R/RW、BD-R/REを自由に選択することが可能です。

  • ローカル/LAN
    ローカルドライブ、USB外部ドライブ、またはネットワーク共有フォルダーをバックアップ先に指定できます。ネットワーク共有フォルダーにアクセス制限を設けている場合には、ユーザー名とパスワードを指定して認証することもできます。
  • FTP
    FTPサーバーをバックアップ先に指定できます。リモートディレクトリを直接参照でき、パッシブモードにも対応しています。
  • 光ディスク
    CD-R/RW、 DVD±R/RW、BD-R/REをバックアップ先に指定して直接書き込むことが可能です。メディアの容量に合わせて自動で分割格納をおこなうスパンニング機能の他、書き込み速度の選択/ディスクの消去/書き込み後の検証も可能です。
  • Amazon S3new
    Amazon のクラウド ストレージをバックアップ先に指定できます。Amazon Web Service のアカウントをわずか数分で設定するだけでこの機能を使用できるようになります。
    設定方法は「Amazonクラウドストレージへバックアップ」を参照してください。

 


 

■増分バックアップ

2回目以降のバックアップの際に、変更が有ったファイルだけをバックアップ対象にします。

ページtopへ

■バックアップのバージョン管理

タイムスタンプの設定

タイムスタンプを使用して、設定した期間(月/日/時間/分)毎の異なるバージョンのバックアップをサブフォルダーに分けて保存できます。

■自動バックアップ

  • スケジュールバックアップ
    一定の周期でバックアップを繰り返し自動実行させることができます。未実行のスケジュールを検出した場合には、次回のスケジュールを待たずに直ちにそれらを自動実行させることも可能です。設定可能な周期は次のいずれかです。
    - 毎日 
    - 毎週(曜日指定) 
    - 月単位(日指定) 
    - カスタム(日/時間/分)

  • ログオン/ログオフ時のバックアップ
    日時や周期の設定に加え、ログオン/ログオフ時の自動実行も指定できます。
  • 即時バックアップ
    ローカルファイルを修正した時に自動でアイテムが実行します。

 

■代替バックアップ機能

主とするバックアップ先以外に、代替のバックアップ先も併せて指定することができます。ノートPCを外出先で使う際など、普段のバックアップ先(例:ネットワーク共有フォルダーなど)にアクセスできない場合には、自動的にローカルフォルダーに保存することでバックアップの連続性を保ちます。

ページtopへ

■ファイル圧縮/セキュリティ機能

バックアップファイルの圧縮、パスワード設定、暗号化の有無を設定できます。圧縮率は任意に設定することも可能です。

  • 各ファイルをそのまま保存
  • 各ファイルをZIP圧縮
  • 各ファイルをブローフィッシュで暗号化※1
  • 各ファイルをZIP圧縮し、暗号化※1
  • 全てのファイルをひとつのZIPアーカイブにまとめる※2
  • 全てのファイルをひとつの暗号化ZIPアーカイブにまとめる※1※2
  • 自己解凍ZIPの作成
    解凍〜保存先指定までのプロセスを簡略化した、自己解凍型の実行ファイルとして保存することもできます。


※1 この方法で暗号化したファイルの復元にはBackup Platinumを使用する必要があります。
※2 CD/DVD、 Blu-rayディスクへのスパンニング時には複数に分割されます。

■光ディスクにデータを保存した後の妥当性チェックが可能
 

■バックアップ処理完了後の自動シャットダウン

バックアップ処理の完了後、自動的にPCをスタンバイ状態にしたりシャットダウンしたりするように設定することができます。