製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

いろいろな設定でバックアップを取得してみよう
- PowerX Hard Disk Manager 11 - 初級

中編 バックアップの詳細設定をしよう〜バックアップカプセルにバックアップイメージを保存する〜

 

バックアップカプセルを作成する

バックアップカプセルを作成するには[ウィザード]メニュー−[バックアップユーティリティ]−[バックアップカプセルの管理]を選択して管理ウィザードを起動します。

バックアップカプセルは通常ハードディスクの最後に作成されます。作成する場所を変更したい場合は、[詳細モード]にチェックをしてください。[次へ]をクリックしてください。


[バックアップカプセルの作成場所]ウィンドウが表示されます。

バックアップカプセルを作成するハードディスクを選択すると作成可能な位置にオレンジ色のマーカーが表示されます。 詳細モードを有効にした場合は、ボタンがアクティブになります。場所が決定したら[次へ]をクリックしてください。

バックアップカプセルのサイズを設定する

[バックアップカプセルのサイズ]画面が表示されます。

この画面では下部のスライダを使用してバックアップカプセルのサイズを設定することができます。サイズの設定が完了したら[次へ]をクリックしてください。

 

ページtopへ

 

バックアップカプセルから起動してシステム復元を行うための設定

[起動可能なバックアップカプセルからの回復]画面が表示されます。

この設定を行うことで製品CDを使用せずバックアップカプセルから復元を行うためのシステムを起動してバックアップを復元することができます。バックアップカプセルからの起動は、アクティブパーティションが存在するハードディスクに作成している場合のみ可能です。それぞれ設定を行い[次へ]をクリックしてください。

※ ご利用のシステムや接続されているデバイスの種類によってはバックアップカプセルから起動できない場合があります。起動できない場合には製品CDからコンピューターを起動して復元作業を行ってください。

以上でバックアップカプセルの作成ウィザードは完了です。
完了ダイアログが表示されますので[完了]ボタンをクリックしてウィザードを終了し[適用]ボタンをクリックしてください。

※本記事は過去に掲載されたこちらの記事の内容に更新・追記を行ったものです。

Contents

[前編]
バックアップの詳細設定をしよう (2011.05.19) [1][2]
[中編]
バックアップの詳細設定をしよう (2011.05.26)[1]
[後編]
スケジュールを作成してバックアップをしよう (2011.06.02) [1][2]

Contents END