製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

いろいろな設定でバックアップを取得してみよう
- PowerX Hard Disk Manager 11 - 初級

後編 スケジュールを作成してバックアップをしよう

 

はじめに

前編中編ではバックアップの詳細設定と各バックアップ先に対する設定の違いについて解説しました。最終回の今回は、スケジュールを作成してのバックアップについて解説していきます。

PowerX HardDiskManager 11で作成できるスケジュールには次の3つの種類があります。

  • スケジュール:通常のバックアップ(フルバックアップ)をスケジュール設定します。
  • 差分バックアップ スケジュール:フルバックアップに対しての差分バックアップをスケジュール設定します。
  • サイクルバックアップ スケジュール:初回はフルバックアップを実行し、2回目以降は差分を周期的に作成するバックアップをスケジュール設定します。
    ※注意: CD/DVD/BDへのバックアップ時にスケジュールを作成することはできません。
通常のバックアップをスケジュールする

定期的にハードディスク/パーティションのフルバックアップを行うスケジュールを作成する場合は、こちらの手順を使用します。

スケジュールを作成するには[共通タスクバー]−[バックアップ/復元タスク]−「バックアップウィザード」を選択します。バックアップウィザードが起動しますので、「前編」「中編」にて紹介した手順を参考にしてそれぞれバックアップ設定を行ってください。

「バックアップコメントとバックアップモード」で、「バックアップのスケジュール設定」を選択して[次へ]をクリックすると、スケジュールを設定するための次のダイアログが表示されます。

このダイアログではまずスケジュールの実行方法を指定します。ドロップダウンリストから選択してください。

各実行方法によって指定可能なオプションは異なります。指定可能なオプションについては各リンクをクリックしてください。

  • 1回:[実行日時]で指定された日時に1回のみバックアップを実行します。
  • システム起動時:毎システム起動時(ログオン前)にバックアップを実行します。
  • ログオン時:OSへのログオン毎にバックアップを実行します。
  • 毎日:○○日毎の指定した時間にバックアップを実行します。
  • 毎週:○○週毎の指定した時間にバックアップを実行します。
  • 毎月:毎月の指定した日時にバックアップを実行します。

スケジュールの設定が完了したら、ウィザードを進めて完了してください。

 

ページtopへ

 

差分バックアップをスケジュールする

通常のバックアップでは毎回フルバックアップが実行されるため、バックアップイメージの容量が膨大なものとなってしまいます。

そこで、フルバックアップを行った時点からの変更部分のみをバックアップする「差分バックアップ」機能を使用することで、バックアップイメージのサイズを小さくすることができます。

差分バックアップウィザードを実行するには[ウィザード]メニュー−バックアップウィザードの[詳細]−[差分バックアップ]をクリックします。

  • フルバックアップイメージの指定

    差分バックアップを実行するには、まず元となるフルバックアップが実行されている必要があります。 ウィザードが起動するとまず差分元となる基本バックアップを選択するダイアログが表示されます。

    目的のバックアップイメージが一覧に表示されている場合には選択し[次へ]をクリックします。
    表示されていない場合には「ファイルビューに切り替え」をクリックしてフォルダーツリーからバックアップイメージファイルを選択してください。

  • 差分バックアップ対象の選択

    差分バックアップは「パーティション単位でのみ」行うことが可能です。
    元となるバックアップイメージがハードディスク全体や複数パーティションを対象としたものの場合には、差分バックアップを実行するパーティションを選択してください。

    対象パーティションの選択が完了したら[次へ]をクリックします。

  • バックアップイメージの保存先

    バックアップイメージの保存先には「バックアップカプセル」「ローカル/ネットワークドライブ」「物理パーティション」「FTP」「CD/DVD/BD」のいずれかから選択できます。
    ※注意: CD/DVDへのバックアップ時にスケジュールを作成することはできません。

    各保存先別の設定方法については「中編 バックアップの詳細設定をしよう」を参照してください。
    今回は「バックアップカプセル」を指定します。

    差分バックアップでは、デフォルトでバックアップイメージ名の先頭に差分であることを示す「diff」が付加されます。

  • 実行スケジュールの指定

    スケジュールの指定方法は通常バックアップスケジュールの指定と同様となります。
    それぞれ設定が完了したらウィザードを進め、完了してください。

          [1] [2] 次へ 次へ

Contents

[前編]
バックアップの詳細設定をしよう (2011.05.19) [1][2]
[中編]
バックアップの詳細設定をしよう (2011.05.26) [1]
[後編]
スケジュールを作成してバックアップをしよう (2011.06.02)[1][2]

Contents END