製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

日々のデータバックアップに最適なユーティリティー
−PowerX Backup Platinum 3−初級

はじめに

前回に引き続きPowerX製品の使い方を紹介していきます。

前回紹介した、PowerX Hard Disk Manger のバックアップ機能は、ドライブやハードディスクを丸ごと保存する、イメージングを使う方法でした。

イメージングは、その時の状態を完全に保存して、またすぐに戻すことができ非常に便利です。しかし、PCは毎日使用して、毎日すこしずつ内容が変わっています。

たとえば、今日届いたメールと、数枚のデジカメの写真が追加されたからといって、ハードディスクをまるごとバックアップし直すというのでは、時間もかかるし保存するための容量も沢山必要で、明らかに無駄が多いでしょう。

そこで、変更されたり、新しく追加されたファイルだけをバックアップできれば、時間もディスク容量も節約になり、実に都合がよいように思えます。

ページtopへ

バックアップを簡単かつ確実に

PowerX Backup Platinum 3

PowerX Backup Platinum 3 は、アイテムという設定項目を作成することで、日々のバックアップや同期を簡単に設定・実行することができます。もちろん自ら設定したスケジュールを元に自動実行を行うこともできます。

スケジュール間隔によってはブランクこそありますが、PowerX Backup Platinum 3を利用することで、確実性というメリットを手にすることができます。

バックアップの設定方法は非常に簡単

バックアップの設定はウィザードが用意されていますので非常に簡単です。

画面の指示に沿って、バックアップしたいフォルダやファイルを選ぶだけで設定完了です。

Outlookファイルやマイドキュメントなど適用頻度が高い項目は、必要なファイルをまとめてバックアップする設定があらかじめ用意されています。これをアイコンの中から選択できます。

ページtopへ

同期の設定方法も非常に簡単

また、バックアップだけではなく、二つのフォルダを同じ状態にしておける同期機能も搭載しています。

この設定もウィザードに沿って、同期タイプ(単一方向コピー・ミラーリング)を選ぶだけで設定完了です。

指定したファイルのみ同期しないといった設定も思いのまま。

ページtopへ

PowerX Backup Platinum 3 を、このように使う方法もあります

PowerX Backup Platinum は、アイテムという形でバックアップを管理しています。

アイテムは複数作成できますので、用途や頻度に合わせてきめ細かいバックアップができます。

たとえば、1台のパソコンのデータとで複数保存先との同期、バックアップデータの内容によって保存先を変えたり、更新頻度に合わせてスケジュールを作成することで、無駄なバックアップをしないようにもできます。

同期ではネットワークドライブもバックアップ元として指定できるようになっているので、ネットワークドライブ間の同期やバックアップもパソコンのフォルダを経由しないで行うことも可能です。

また、代替バックアップ機能というものが搭載されています。
これは、普段のバックアップに利用しているネットワークドライブが、障害などでアクセスできない場合、代わりにパソコンのハードディスクにバックアップしておく機能です。

*パソコンのハードディスクから、ネットワークドライブへの同期アイテムがあれば、ネットワーク障害回復後にネットワークドライブへ、すぐ反映を行なうこともできます

そのほかにも、更新されたファイルだけをバックアップ対象にする増分バックアップ、Zipファイルへの圧縮、暗号化など多くの機能があります。

このように PowerX Backup Platinum 3 は、利用シーンによって様々な設定をきめ細かく行うことができる応用性の高いユーティリティーです。アイテムを駆使し、バックアップスケジュールを設定して重要なデータが消失する可能性を低減させましょう。