製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

複数のメンバー間でファイルを同期
−PowerX Backup Platinum 5−上級

PowerX Backup Platinum 5 では単にバックアップをするだけではなく、同期機能を使用して複数のメンバー間で最新のファイルを管理することもできます。

外回りで情報などを集めてきたメンバーが、自分のパソコンにのみ記事を書いたまま、どこかに出かけてしまうと、他のメンバーがその情報を使用することができません。

さらに、他のメンバーのファイルが必要なとき、各パソコンとファイルのやり取りを行わないと情報が集められません。メンバーの数が多いと大変な作業です。

こんなとき、PowerX Backup Platinum 5 の同期機能で、お互いのメンバーの最新のファイルを各パソコンに取り込むことができます。

複数のパソコンで同期を行うときには、各メンバーのファイルを集めるための共有のスペースが必要になります。ここでは、ネットワーク接続のHDD(NAS)を使用します。NASを常時稼動しておくことで、いつでも各メンバーの最新のファイルを集めることができ、そこから各メンバーにファイルを分配することができます。

今回は、以下の手順で複数メンバーでのファイル管理の方法を解説します。

 

ページtopへ

 

PowerX Backup Platinum 5 のインストール
  1. PowerX Backup Platinum 5 を各メンバーのパソコンにインストールしてください。
    複数のパソコンにインストールして使用するときは、台数分のPowerX Backup Platinum 5 が必要です(ライセンスは1台に1つになります)。なお、NASにはPowerX Backup Platinum 5をインストールすることはできません。

    また、事前に各メンバーのパソコンがNASを利用できるように設定してください。この設定はNASと各パソコンのネットワーク設定になりますので、使用するNASの説明書等に従って設定してください。
    NAS上には各メンバーで共有するフォルダーを作成(例として:article)します。このフォルダーに対して参加メンバーのパソコンが読み書きできるようにアクセス権を設定してください。
  2. インストール後に「新規アイテム」を作成します。アイテム名を入力して、「同期」を選択してから次へ進みます。
  3. パソコン内で同期に使用するフォルダーを選択します。
    「第1フォルダーの選択」の右にあるフォルダーのアイコンをクリックしてください。
  4. フォルダーの参照画面が表示されるので、ここから選択するか、新規にフォルダーを作成します。
  5. 第1フォルダーを選択したら、次へ進みます。
  6. 各メンバーでファイルを共有するNASのフォルダーを指定します。
    「ローカル/LAN」を選択して、フォルダーのアイコンをクリックします。
  7. フォルダーの参照画面が表示されるので、ここからNAS(ここでは、landisk)を探してフォルダーを指定します。
  8. NASへのアクセス権が設定されていて、認証が必要な場合は、「認証」にチェックを入れて、ユーザーとパスワードを設定してください。第2フォルダーの指定ができたら、次へ進みます。
  9. 同期の方法を設定します。各メンバーのパソコンに最新のファイルを取り込むには、「フォルダーをミラーリングする」にチェックを入れます。同じファイルに変更が起きた場合の処理として、ここでは「新しい方のファイルをコピーする」を選択し、次へ進みます。
          [1] [2]  次へ 次へ