製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

Vistaも出るが、まだまだWindows XPを快適に使いたい!
−PowerX BoostWin 2.0−初級

最近、パソコンの動作が鈍くなってきたなと思いませんか?
最初のうちは気にならなかったのに、多くのプログラムをインストールしたりすることで、どんどん動作が鈍くなってきていませんか?
Windows XPには、アニメーション効果で画面をスムーズに表示する機能があります。これらの機能により見た目がきれいになっているのですが、こういった処理を行うためにパソコンに負担が強いられています。きれいなアニメーション等を行うことでも、計算を行いながら画像を表示したりと、様々な処理が必要になります。このような処理を行わないで、単純に表示すれば、他の処理を行うことができるようになります。

それではどうやって、こうした動作を変更すればよいのでしょうか?そのためには、Windows XPの各設定(パフォーマンス オプション)やレジストリを変更することになります。しかし、レジストリを誤って変更すると、Windows XPにトラブルが発生することもあり、簡単に行うことはできません。

そこで、PowerX BoostWin 2.0を使用することで、Windows XPの様々な設定項目を簡単に調整することができます。Windows XPのアニメーション効果をやめたり、ファイルの管理方法を変えたりすることが簡単に行えます。それでも、各設定項目を調整するとなると、いろんな項目を設定しないといけません。

「初心者には、こんなにたくさんの設定項目を調整するのは大変だ。」 安心してください。PowerX BoostWin 2.0を使うと、もっと簡単にWindows XPの最適化を行うことができます!

ここでは、以下の手順でPowerX BoostWin 2.0についてご紹介します。

ページtopへ

■システムブースト

BoostWinには、システムブーストという簡単に最適化を行う機能があります。ボタンを押すだけで、Windows XP内の様々な設定項目の調整や不必要なデータの削除を自動で行ってくれます。

システムブースト


ファイル・フォルダ単位の一番簡単なバックアップは、ファイル・フォルダを「今ある場所から別の場所にコピーする」ことです。

そうしておけば元のファイル・フォルダがなくなってしまった場合でもコピー先に同じファイル・フォルダがあるので、そこから元の場所に再度コピーすれば復元することができます。

この画面の「今すぐブーストを開始」というボタンを押すだけです。これだけで、次の項目をすべて行って、Windows XPを最適化します。

 

 

  1. パフォーマンス向上 メモリの使用方法の効率化、ファイルの連続配置(断片化対策) Windowsの表示速度改善、プログラムの実行速度向上
  2. ウィンドウの視覚効果 アニメーション、フェード効果、マウスの影やフォントスムージング等の処理を無効にして表示速度の向上
  3. レジストリ 無効な参照先のデータをクリアして、レジストリをスリム化
  4. ジャンクファイル 不要なファイルをクリアして、ドライブの空きを増やす
  5. インターネット設定 クッキー、履歴やインターネットキャッシュをクリアして、空き容量の増加(セキュリティの向上)
  6. トレースのクリーンアップ Windows XP操作時の履歴をクリーンアップしてセキュリティの向上

ページtopへ

セキュリティの向上

BoostWinを使用することで、セキュリティを向上させることもできます。インターネットでホームページを見ていると、Internet Exploereが自動的に見ていたページの履歴を保存します。別の人がパソコンを使用したときに、どのようなホームページを見ているか分かってしまいます。

実は履歴が残っています。

また、Windows XPもいろいろな操作の履歴を保存しています。こうした履歴を後で他者に見られないように履歴を削除することができます。

ホームページを開くときに便利な機能として、クッキーというものがあります。

再度、同じページを開いたときに、パスワード等を入力しなくてもログインすることができます。

ただし、このままにしておくと、別の人がパソコンを使用したときにも、パスワードを入力することなく、ログインできてしまいます。

 

クッキーは便利ではありますが・・・

クッキーをクリーンアップすることで、パスワード入力をしないとログインできないようにできます。

ただし、クッキーをクリーンアップすることで、同様の仕組みのホームページ、すべてで再入力が必要になりますので、パスワード等、入力が必要なものは控えておいてください。

 

 

 

          [1] [2] [3] [4] 次へ 次へ