製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

いろいろな設定でバックアップを取得してみよう
- PowerX Hard Disk Manager 8 - 初級

前編 バックアップの詳細設定をしよう 〜[バックアップの詳細オプション]を変更する〜

 

アーカイブオプション

[アーカイブオプション ]セクションでは次の項目について設定できます。

  • アーカイブの整合性を管理する
    アーカイブの整合性管理のためのデータをアーカイブ内に付加します。この設定を有効にすると整合性は管理されますがバックアップに要する時間が長くなる可能性があります。
  • アーカイブ名の自動設定
    自動設定が有効になっている場合、"arc_"で始まるアーカイブ名を命名規則に則ってバックアップウィザードが設定します。
  • 圧縮レベル
    アーカイブの圧縮レベルを指定します。 圧縮レベルとアーカイブサイズ/バックアップ速度の関係は次のようになります。
    圧縮レベル アーカイブのサイズ バックアップ速度
    圧縮なし 最大 最高速
    低圧縮 高速
    標準圧縮 標準的 標準的
    高圧縮 低速

  • アーカイブの分割
    アーカイブファイルの分割サイズを指定します。分割サイズは1MB〜4000MBまで指定することが出来ます。チェックボックスのマークを解除するとアーカイブは分割されません。

 

ページtopへ

 

パスワード保護オプション

[パスワード保護オプション] では次の設定を行います。

  • アーカイブをパスワードで保護
    チェックボックスをマークするとアーカイブファイルをパスワードで保護します。
  • アーカイブのパスワード
    パスワードを入力します。
  • 確認のため、再度パスワード入力
    パスワードの確認のために同じものをもう一度入力してください。

 

ページtopへ

 

コピー/バックアップオプション

[バックアップ対象]画面が表示されます。

ここでは、バックアップ対象となるディスク/パーティションを選択します。

ここでは、次の設定を行うことが出来ます。

  • ハードディスクのセクタを1つずつコピー
    ハードディスク上にある未使用のセクタも含めたすべてのセクタをコピーします。長い作業時間を要しますが正確なバックアップを取得できます。
  • パーティションのセクタを1つずつコピー
    パーティション上にある未使用のセクタも含めたすべてのセクタをコピーします。長い作業時間を要しますが正確なバックアップを取得できます。
  • OSの補助システムファイルを無視
    OSの補助システムファイル(pagefile.sys,hyberfil.sys)をバックアップしません。このオプションを指定することでアーカイブファイルサイズの縮小とバックアップ時間の短縮に効果があります。
  • アーカイブライブラリに保存されたアーカイブファイルを無視する
    バックアップ対象のドライブにアーカイブライブラリに登録されているアーカイブファイルが存在する場合にこのファイルをバックアップ対象から除外します。このオプションを指定することでアーカイブファイルサイズの縮小とバックアップ時間の短縮に効果があります。

 

ページtopへ

 

CD/DVD 書き込みオプション

ここでは、次のオプションについて設定します。

  • CD/DVDディスクの最後までデータを書き込む
    このオプションを有効にすると、メディアに対して少ない容量でアーカイブが作成された際にもメディア容量の最大値までデータを書き込みます。
  • 書き込み速度
    メディアへの書き込み速度を指定します。通常は[速度の自動選択] で問題ありません。
  • ISO イメージフォルダ
    アーカイブ作成時にCD/DVD ドライブエミュレータを指定した際にISOファイルが作成されるフォルダを指定します。 初期値は"/"(C:\Program Files\NetJapan\PowerX Hard Disk Manager 8.5\Program)になります。

 

ページtopへ

 

ホットバックアップオプション

※通常はこの画面の設定を変更する必要はありません。

  • ホットバックアップを有効
    ホットバックアップ機能の有効/無効を設定します。ホットバックアップが有効になっているとロックされたパーティションのバックアップ時でもコンピュータを再起動することなくバックアップ操作を続行することができます。
  • ホットバックアップ機能
    設定可能なオプションはありません。
  • 追加オプション
    ホットバックアップの動作について設定します。初期値のままで問題ありません。

Contents

[前編]
バックアップの詳細設定をしよう (2008.11.07) [1][2]
[中編]
バックアップの詳細設定をしよう (2008.12.12) [1]
[後編]
スケジュールを作成してバックアップをしよう (2009.01.23) [1][2]

Contents END