製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

PowerX KoolMovesを使ってみよう

第4章:オープニングムービーを作ろう
てくてく歩くアニメーションを作ろう

今回は以下の手順で、かんたんなアニメーションを作成します。

■ 左から右へ動くムービーを作成しよう(2/2)
3. スコア/タイムラインウィンドウを表示する


れいな
画面上にスコア/タイムラインウィンドウがない場合は、「ビュー」メニューから「スコア/タイムライン」を選択するの。


あゆみ
水色の○があるけど、これは何をするウィンドウなの?


れいな
パラパラまんがの1ページにあたるのがフレームね。このウィンドウでは、フレームごとの形状の有無がわかるわ。ウィンドウの中の1コマが1フレーム。
○印はフレームに絵が描かれてるかどうかを示しているわ。


あゆみ
れいな、左端のタブをクリックしたら、表示が変わっちゃったよ。


れいな
スコア/タイムラインウィンドウでは、タブを切り替えることで、目的の形状にエフェクトやアクション、サウンドといった効果をかんたんに選択・付与することができるわ。さっきまでは、スコア/タイムラインのタブが表示されていたでしょ。


あゆみ
ほんとうだ。タブをクリックすると、それぞれ表示される内容が違うね。今見ているのは、ストーリーボードタブっていうのね。このタブでは何ができるの?


れいな
ストーリーボードタブでは、1フレームごとを見た目で確認できるわ。スコア/タイムラインタブを見ているだけでは、目的の形状がどのフレームにあるかがわからないでしょう?ストーリーボードタブなら、どのフレームにどんな画像がどう読み込まれたがわかりやすいわ。


あゆみ
それぞれ便利そうだけど、全部を一度に覚えるのは難しいよ。


れいな
今は難しいことは考えずに、左から右に時間が進んでいくと考えて。


あゆみ
 (スコア/タイムライン)をクリックしたら、スコア/タイムラインタブに戻れたわ。今見えている○印が私の画像で、パラパラ漫画の1ページに描かれた絵だと思えばよいのね。

ページtopへ


4. フレームを追加する


れいな
あゆみの画像を選択した状態で、(選択した形状を次のフレームにコピー)をクリックすると、次のフレームに選択した画像をコピーできるわ。


あゆみ
○が1つ増えたわ。


れいな
水色の○が今選択している形状よ。選択した形状があるフレームがピンクになっているのがわかるわよね。
選択しているあゆみを画面右端にドラッグしてね。


あゆみ
はい。できました。

ページtopへ


5. ムービーを再生し、フレーム間の時間を調整する


れいな
「再生」メニューから「ウェブブラウザで再生」をクリックして、ムービーを確認するわよ。

あゆみ
私が動いた!でも、ちょっと速すぎない?


れいな
ふふ、そうね。「閉じる」をクリックして。スコア/タイムラインウィンドウで1フレーム目を選んでね。
次に一番初めのフレームをクリック。
そして、画面右端にある  (フレーム期間(トゥイーンまたは秒))をクリックしてね。


あゆみ
「このキーフレームと次のキーフレームの間」ウィンドウ?


れいな
「1.750」を選択して、「OK」。さあ、もう一度再生してみようか。


あゆみ
私が左から右にゆっくり移動してるわ!たった2フレームのアニメーションでこんなことができちゃうのね。

前へ 前へ [1] [2] [3] 次へ 次へ

Contents

[第1章]
KoolMovesってどんなもの?(2007.07.06)
[第2章]
ウィザードを使ってかんたんムービー作成
アニメーションバナーを作ろう / 基本編 (2007.07.20) [1] [2] [3]
アニメーションバナーを作ろう / 応用編 (2007.08.03) [1] [2] [3]
スライドショーを作ろう (2007.08.24) [1] [2] [3]
[第3章]
FLASHムービーでブログ、ホームページを彩ろう(2007.09.07) [1] [2]
[第4章]
オープニングムービーを作ろう
ムービーのサイズと色を変えよう(2007.09.21) [1] [2]
てくてく歩くアニメーションを作ろう(2007.10.05) [1] [2] [3]
ムービークリップを使ってスマートなムービーを作ろう(2007.10.19) [1] [2]
くるくる回るアニメーションを作ろう(2007.11.02) [1] [2]
エフェクトでワンランクアップしたムービーを作ろう(2007.11.16) [1] [2]
立体の文字が動くアニメーションを作ろう(2007.11.30) [1] [2]
ボタンを付けてアクション!(2007.12.14) [1] [2] [3]

Contents END