製品情報

パン屑ナビゲーション

使い方入門

印刷ユーティリティ

PowerX KoolMovesを使ってみよう

第4章:オープニングムービーを作ろう
ムービークリップを使ってスマートなムービーを作ろう

■ ムービークリップを歩かせよう
1. ムービークリップを移動させる


あゆみ
ねぇねえ、これを前回同様、左から右に移動させれば、なめらかに動くアニメーションになるわよね。


れいな
そのとおりよ。もうやり方はわかるわよね。


あゆみ
スコア/タイムラインウィンドウで・・・、あれ今までS1だった形状がmc1って名前に変わっているよ。


れいな
ムービークリップを表す名前が自動的に付けられるわ。マークも変わったでしょ。


あゆみ
へー。形状と同じように1フレーム目の○をクリックして、  (選択した形状を次のフレームにコピー)をクリックすると、コピーできた。


れいな
形状と同じように扱えるわ。コピーしたムービークリップの配置をずらしてね。


あゆみ
フレームを2つコピーして、左から右に動くようにしよう。

ページtopへ


2. フレーム間の時間を設定する


れいな
フレーム間の時間を調整すれば、歩くあゆみは完成ね。フレーム間の時間調整については、前回やったとおりよ。


あゆみ
いろいろいじってみたけど、「2.250」秒ぐらいでどうかな?


れいな
うん!このムービーだとちょうどいいんじゃない?フレーム間隔の最適な時間を決めるには、いろいろ試すのがよいわね。

ページtopへ


3. み〜このムービークリップを歩かせる


れいな
ついでにみ〜こが歩くムービークリップも作っておいたわ。
あゆみのムービークリップとみ〜このムービークリップの位置をずらして歩かせるわね。

あゆみ
mc1が私、mc2がみ〜このムービークリップを示しているのね。


れいな

じゃ、ちょっと便利な技を教えちゃうわよ。
スコア/タイムラインウィンドウで「mc1」をマウスの右ボタンでクリックしてみて。
次に「名前の変更」を選択してね。


あゆみ
名前の変更ダイアログボックスが表示されたよ。


れいな
「ayumi」と入力して、「OK」をクリック。自分で名前を付けられるから、形状やムービークリップの区別が付きやすくなるでしょ。


あゆみ
ほんとうだ!み〜この名前も変えちゃおう。


れいな

形状リストウィンドウに表示される、形状やムービークリップの名前も自動的に変わるわよ。
では、このムービーを再生してみましょうか。


あゆみ
あはははは。私がみ〜こを追いかけてるわ〜。


れいな

ということで、次回もこのファイルを使うから、保存しておいてね。
次回はあゆみに、背景右端にある穴に落ちてもらいまーす。


あゆみ
な、なんですってーーー!







み〜こ
あゆみちゃんがみ〜こを追いかけてるにゃ。み〜こ逃げろにゃ!
それぞれ3枚の画像でこんなに自然なむーびーができちゃうもんなのにゃ。感心、感心なのにゃ。
さて、むーびーくりっぷとやらは、いろいろ便利に使えそうな機能なのにゃ。今回はむーびーくりっぷを移動させただけだったにゃ。でも、次回はそのむーびーくりっぷを回転させちゃうらしいのにゃ。どんなむーびーができるのかにゃ。こんなのかにゃ。


み〜こ
というわけで、次回は、「オープニングムービーを作ろう Part4 くるくる回るアニメーションを作ろう」なのにゃ。お楽しみににゃ!

前へ 前へ [1] [2]          

Contents

[第1章]
KoolMovesってどんなもの?(2007.07.06)
[第2章]
ウィザードを使ってかんたんムービー作成
アニメーションバナーを作ろう / 基本編 (2007.07.20) [1] [2] [3]
アニメーションバナーを作ろう / 応用編 (2007.08.03) [1] [2] [3]
スライドショーを作ろう (2007.08.24) [1] [2] [3]
[第3章]
FLASHムービーでブログ、ホームページを彩ろう(2007.09.07) [1] [2]
[第4章]
オープニングムービーを作ろう
ムービーのサイズと色を変えよう(2007.09.21) [1] [2]
てくてく歩くアニメーションを作ろう(2007.10.05) [1] [2] [3]
ムービークリップを使ってスマートなムービーを作ろう(2007.10.19) [1] [2]
くるくる回るアニメーションを作ろう(2007.11.02) [1] [2]
エフェクトでワンランクアップしたムービーを作ろう(2007.11.16) [1] [2]
立体の文字が動くアニメーションを作ろう(2007.11.30) [1] [2]
ボタンを付けてアクション!(2007.12.14) [1] [2] [3]

Contents END